「会社設立」と「創業」

「会社設立」と「創業」の違いとは

現代ではあらゆる土地で「会社」が経営をするようになっています

会社はそれぞれに独自のサービスや商品を提供・販売しており、消費者はそれを利用・購入する際に代価として金銭を会社に渡します。

これによって会社は利益をあげることで社員に対し得給与を支払い、大きな会社へ成長していくこととなるのです。

さて、この「会社」の経営が始まるという場合に避けては通れないのが「会社設立」です。

会社設立がされていないのであればそこに会社があるとは言えません。
株式会社にしろ合同会社にしろ、会社として経営がされる以上は必ず会社設立が行われるのです。

この「会社設立」という言葉と似たものとして使われる言葉になっているのが「創業」なのですが、それではこの二つの言葉にはどういった違いがあるのでしょうか。

まず言葉としての意味を見ていくと、「会社設立」とは「会社を設立する」ということですから、「法人登記を行って、法人の運営を始める」として考えることができます。

対して「創業」はどうなのかと言うと、これは「事業を創る」ということになってきます。

会社設立も広い目で見れば「事業の運営を始める」という意味になりますから、一見するとさほど大きな違いは無いようにも見えます。

しかし実際には、この二つの言葉は明確に別の言葉なのです。

ではどこが違うのかと言うと、最大のポイントとなるのが「法人登記を行う」という部分です。

法人登記とはつまり、国に対して書類を提出することによって株式会社や合同会社などの「法人」として登録をするということになります。

これは会社設立だと必ず行うものになっていますが、創業の場合は必ずしも法人登記を行うわけではありません。

そのため、これら二つの言葉は全く別の意味であるとして考えるべきなのです。

また傾向的に「創業」という言葉は「商売を始める」という意味で使用されるようになっています。

しかし法人登記においては、必ずしも「商売」が目的になるとは限りません。

例えばNPO法人などは法人登記を行わなくては法人として活動をすることができませんが、その活動内容は社会貢献などを主たる目標に据えているため、非営利目的であると考えるのが適当です。
このNPO法人などは商売目的で設立されるわけではありませんから、「創業」とは言わないことが殆どなのです。
これらの言葉は時として混同されがちですが、会社設立を志すのであればその違いをしっかり理解しておきましょう。