勉強すべきこと

会社設立の前に勉強しておくこと

これから会社を設立したいと思ってる方もおられるかもしれません。

会社設立は、ただそうしたいと思うだけで実現できるものではありません。

創業前にいろいろ準備しておくべきことがあり、それらをクリアして初めて設立できるものなのです。

その準備しておくべきものとは、どんなものがあるのでしょうか?

例えば、事業計画書を作ることは必須項目となります。

会社設立を何のために行うのか、その目的、事業内容、さまざまな計画について、事業計画書として形にする必要があります。

この事業計画書は会社設立の象徴のようなものですが、これをいかに著すかによって、その会社がどんなものであるかを公的に示すものとなります。

したがって、事業計画書の策定については、事前によく勉強しておく必要があります。

何を勉強するのかといえば、事業計画書に何を盛り込むのかという点です。

様式が自由であるだけに思うがままに書いてしまいそうになりますが、見る人が混乱しないように簡潔に要点をまとめる必要があります。

まずは、どんな項目を盛り込むかを決めましょう。

例えば、事業目的は外せない項目といわれますが、その事業目的の中にも、創業した目的について、どういう会社にしたいのか、事業をどのように行いたいのかなどを銘記することができます。

事業内容もやはり外せない項目の一つですが、こちらも細分化していけばさまざまな項目があります。

扱う商品のこと、サービスのこと、提供する技術について記載することができますし、業界、ビジネスのルール、市場の規模、マーケットシェアなども項目に盛り込むことができるでしょう。

さらには、開業資金計画についても記載することができます。

こちらは開業に必要な資金について、自己資金で賄える範囲について、不足分の資金調達をどうするかなどを明記することができます。

さらには、収支計画です。

必要な売上高について、借入金の返済予定について、変動費、固定費、事業が軌道に乗ってからの売上についてを記載することができるでしょう。

このように項目別に吟味しながら、分かりやすくて簡潔な事業計画書を作るようにしましょう。

なお、会社設立にあたっては会社設立登記の申請を行わなければなりませんが、こちらは2つの方法で申請を行うことができます。

一つは申請のプロに依頼して行う方法です。
こちらは一般的ではありますが、高額な手数料を取られることを覚悟しなければなりません。
もう一つの方法は、登記メーカーなどのツールを使って作成する方法です。
こちらは作成を自分で行う必要がありますが、プロに依頼するより設立費用を安く抑えることができます。
こうした登記申請の方法についても勉強しておきましょう。